ダイヤモンドの価値

ダイヤモンドの価値

宝石の王様として皆様に知られているダイヤモンド、昔は真珠が宝石の王様としての地位をもっており、
その当時はただの硬い石としてしか知られていませんでした。
そして今現在ダイヤモンドは、購入時には100万円など非常に高価とされている宝石となっていますが、
実はダイヤモンドは人工で作る術も開発されており、必ずしも貴重とはされていないのです。
価値を守る為に流通の阻止をされているだけであり、本当はそこまで貴重ではないダイヤモンド、
ゆえに買い取りの際の鑑定額は大幅な値崩れを起こしてしまうときが多々あります。
100万円で買ったダイヤモンドが5万円程度の鑑定額しかつかなかった…というのもよくある話なのです。
ではダイヤモンドの価値はどうやってつくのか?
まずはカラット(CARAT)、聞きなじみのある言葉であり、皆様ご存知の通りダイヤモンドの重さの単位です。
1カラット=0.2グラムで表記されています。
次にCOLOR(カラー)、ダイヤモンドは全くの無色のものが最上品とされ、
段々グレードが下がるごとに黄色味を帯びてきます。
無色のものはそれは美しく、光を透過させて虹色の輝きを放つのです。
黄色味を帯びていくことで段々グレードは下がるものの、他のピンク、パープル、ブルーなどの
ファンシーカラーは希少なので別の価値がつくとされています。
次にクラリティ(CLARITY)、炭素の結晶体であるダイヤモンドには、
結晶化をしなかった炭素がかすかに内包されているときがあります。
この内包物をインクルージョンといい、またほかに透明度を妨げる傷などもつくときがあります。
これらを見て傷や内包物が少ないほどにダイヤモンドの価値が上がるのです。
尚この鑑定は肉眼では行うことが不可能で、10倍のルーペで鑑定することが不可欠となっています。
あらゆる傷や内包物が無いダイヤモンドというのは非常に高い価値をもつのです。
最後にカット(CUT)、他のものとは違い、
コレについては人間が直接価値を与えることが出来るものとなっています。
このカットは光の屈折を理解し、研磨によって引き出せることが出来る価値なのです。
このときに人間の手から与えられる輝きでダイヤモンドの価値はよりあがるといわれています。
人気のハートアンドキューピッドなどがこの過程で作られます。
ダイヤモンドは流通量の制限と、他にも奇跡的にできる以上の4つの要素で価値が上がり、
宝石として最高のランクを与えられるものとなりますが、その鑑定難度はプロの鑑定士でも
非常に見極めが難しいものとされています。
 

ダイヤモンドは買い取ってもらえるのか

ダイヤモンドはその鑑定難度から、普通の貴金属買い取り店では
納得のいく買い取り値をつけてもらえないことが多い
です。
貴金属は比重計にて本物かなどを見極め、その後他のネームバリューや重量などを考慮されて
値段を出してもらえますが、ダイヤモンドは熟練した鑑定士でないと見ることができないところもありますので、
できればダイヤモンドの買い取りを推している店舗で納得のいく値段を探すようにしてください。
しかし購入時に100万円ほどの価値だったものが10分の1程度の価値しか付かない…
ということもよくあるそうです。
ダイヤモンドは10倍のルーペを使い、肉眼では見られないところも隅々まで見て鑑定しなくてはなりません。
そのため、尚のこと熟練した鑑定眼と知識が必要となり専門的に勉強をした鑑定士で無いと
その鑑定は非常に難しい
ものとなります。
もちろん中には見ることが出来る鑑定士がいるところもありますが、
基本的にいろいろなものを買い取りしている店舗よりもダイヤモンドの買い取りを強化している店舗で
見てもらうほうが確実
かもしれません。
ダイヤモンドはランク、見るべき点、その難易度、それぞれが高レベルの宝石です。
鑑定に出すところはしっかりこちら側で選びましょう。

 

国際基準である「4C」

ダイヤモンドの価値を決めるとされているものが4Cと呼ばれるダイヤモンドの品質を表すものです。
この4Cは二十世紀半ばまでは存在しておらず、当時はダイヤモンドを評価する共通基準が
存在していませんでした。
ゆえにダイヤモンドの世界共通の価値が無く、買い手と売り手の間に
様々なすれ違いが起こることなどよくあることでした。
この4Cの導入により世界共通の価値が生まれ、同時に買い手と売り手のコミュニケーションもとりやすくなり
より正確な取引を行えるようになったといわれています。
4Cはダイヤモンドの色を表す「カラー」、傷などの有無を表す「クラリティ」
ダイヤモンドの研磨の技術を評価した「カット」
そしてダイヤモンドの重量を表す「カラット」
で成り立っており、
その全てが最高ランクというダイヤモンドはほぼ発掘不可能とされています。
ダイヤモンドはいまや人工ダイヤモンドの精製の技術がありますが、
一つ一つ時間と場所の偶然により生まれるものであり、
同じものは二つとありません。いくら欲しくても全く同じダイヤモンドというものは手に入れられない、
というところでもレアリティがあり、そのためダイヤモンドの価値は高騰しているものだと思われます。